ホテヘル系の風俗求人の内容について

月別: 2016年11月

時給相場について

風俗求人への応募を検討している人の多くは、高い給料が目的なのではないでしょうか。風俗の場合、お客さんが一度に支払う単価が高いため、効率的な稼ぎが期待できます。風俗の給料は、ジャンルに限らず利用料のバック率分を給料とするシステムが一般的です。このバック率はお店によって異なりますが、平均して50~60%となっています。
 
風俗給料を考える上で、ポイントになるのはお店のジャンルとランクです。ジャンルごとに相場は違いますし、またジャンル内でも、格安・大衆・高級・超高級店など価格帯が異なります。その点ホテヘルに関しては、高級店以上のお店があまり見られません。そのため、高級店以上も幅広く存在するデリヘルやソープに比べれば、少し低めなのが実際のところです。相場としては、格安~大衆店で日給2~3万円、やや高級寄りの大衆店で日給3~6万円といったところです。
 
とはいえ、ホテヘルにはモニター確認で身バレが防ぎやすい、指定のホテルで働けるため安心感もあるといった、働きやすさにつながるメリットが多く存在します。風俗は歩合制なので、働いたら働いた分だけ給料に直結します。ホテヘルの働きやすさを活かして、ストレスを溜めることなく無理なく本数をこなせれば、デリヘルやソープ以上の給料も期待できるかもしれません。特長を活かして、ぜひ効率的に働いてみてはいかがでしょうか。

16年11月7日     0 Comments

ホテヘルで働くメリット

ホテヘルに限らず、風俗で働くとき避けたいことの中で、身内バレこと身バレは大きなウエイトを占めることでしょう。やりがいある立派な仕事といえ、やはり世間的にはマイナスな捕らえ方をする人が多いです。円滑な人間関係、プライベートを保つ上でも、身バレ対策は意識しておくべきです。ですがその点ホテヘルに関しては、比較的安心感が感じられます。なぜなら、受付を介するホテヘルだからこその対策が、心強く感じられるためです。
 
身バレ対策には、いくつかの方法が存在します。
例えば、プロフィールで顔を出さない、出してもぼかしを入れることや、手で隠す、風俗求人応募のエリアを工夫する、アリバイ業者を利用するなどです。これらを実践しておけば、ある程度バレる確率は抑えられます。ですが、実際知り合いが風俗利用しており、意図せず偶然鉢合わせるともなれば、バレは避けられません。
 
風俗勤務の事実が広まったり、仕事、プライベートに影響が及んだりすることも考えられます。ところがホテヘルなら、その点を心配する必要はありません。デリヘルと違い、一旦受付を経てから接客する形となるため、モニターチェックすることで知り合いと鉢合わせる展開を回避できるのです。身バレ対策に一層気を使いたいなら、同じヘルスサービスでも、デリヘルよりホテヘルの方が理想的といえます。

16年11月4日     0 Comments